【世界にひとつだけ】オリジナル木札の壺入り泡盛

ブライダルギフトに泡盛を

いついつまでも続く二人の幸せを祈願して。
結婚祝いにオリジナル木札の壺入り泡盛を贈りませんか。

結婚祝いのプレゼント選びは、迷ってしまいます。
友人へのプレゼントなのか、会社の上司か後輩か、親戚なのか。
また、披露宴に出席するのかしないのかでも迷ってしまいますね。

・二人が気に入ってくれるものは?
・二人の新居で活躍してくれるものは?
・心に残るのものは?
・ずっと飾ってくれるのものは?

などなど迷いだしたらきりがありません。

そんな中、お奨めしたいプレゼントが「泡盛」です。
お酒好きな方へのプレゼントとしてはもちろんですが、時を重ねれば重ねるほど熟成され深みをます泡盛は、末永く続く二人の人生を祈願してのプレゼントとして喜ばれることまちがいなしです。

泡盛は、時を重ねる程熟成しまろやかに美味しくなります。


新しい人生を歩む二人へ。
世界にひとつだけの心に残る贈り物。

<壺入り泡盛>をオススメする3つの理由

1、いつまでも残る<壺入り泡盛>は、
  記念の贈答品として大変喜ばれております。

沖縄伝統の<壺入り泡盛>。
泡盛は「時を重ねるほど熟成し、円熟味を増す」という特徴を持ったお酒です。
壺貯蔵することによってさらに熟成が進み、旨味が増し、世界にひとつだけの古酒(クース)となります。

数年、数十年と寝かせた秘蔵の古酒を人生の節目に初めて封を開け、
家族や親しい人たちと一緒に味わう。
その熟成古酒の味は、一生忘れられない思い出になります。


人生の佳き日の贈り物に。
二人が紡ぐ人生と共に熟成を続ける<記念の壺入り泡盛>を贈りませんか?

2、木札にメッセージを込めた、
  いつまでも心に残る贈りものです。

多良川の<壺入り泡盛>は、オリジナル木札付き。

世界にたったひとつだけ、あなたの気持ちを込めた「オリジナル木札」で、
祝福の気持ちを形にして贈ることができます。


結婚祝いの贈答品として、いつまでも熟成の時を重ねる<壺入り泡盛>をどうぞお使いください。

おめでとうの気持ちを木札に込めて。
あなたの気持ちといっしょに、壺入り泡盛も二人の人生を見守ります。
いついつまでも幸せな家庭であることを祈願して。


新郎新婦さまのお名前や結婚記念日等を、木札にお入れすることができます。



3、最も愛されている『琉球王朝』の壺です。

壷の中身は『琉球王朝』。
香味のバランスのとれた飲みやすい旨口で、料理を選ばず何にでもよく合うため、
多良川ブランドの中で最も愛されています。


<壺入り泡盛>はこちら

▽琉球王朝五升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

五升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】は¥33,000でご案内中。
《送料無料》

琉球王朝五升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

▽琉球王朝五升壺/玉城焼き【オリジナル木札付】

五升壺/玉城焼き【オリジナル木札付】は¥35,000でご案内中。
《送料無料》

琉球王朝五升壺/玉城焼き【オリジナル木札付】

▽琉球王朝三升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

三升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】は¥29,000でご案内中。
《送料無料》

琉球王朝三升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

▽琉球王朝一升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

一升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】は¥10,000でご案内中。
《送料無料》

琉球王朝一升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

【5升壺・3升壺・1升壺】大きさのご参考に。

壺の大きさ比較

担当、下地の余談です。よろしければ、どうぞお付き合いください。

実は私も、職場の仲間たちから結婚祝いに<壺入り泡盛>頂きました。
壺入り泡盛の熟成は、直射日光の当たらない冷暗所に保管することが基本です。沖縄の家では床の間に飾られていることが多いですね。
床の間のない我が家では、台所の片隅の棚に鎮座しております。

さて、この記念の壺入り泡盛、初めて封を開けたのは結婚記念日でしたが、今では、主人の特別な晩酌に登場します。年に1、2回程度でしょうか。
そして、贅沢な宴の時間を過ごし、堪能したあとは仕次ぎ用の泡盛で継ぎ足しです。所謂『仕次ぎ』です。

この『仕次ぎ』は、琉球王朝時代から伝わる泡盛古酒を育てるための伝統技法。
せっかくなので、少しご説明申し上げます。

仕次ぎの仕方

年代物の古酒に、それより少し若い古酒を継ぎ足すことで、古酒の熟成した香りや芳醇な味わいを保ちながら酒を劣化させないようにする手法です。
名家では年代物の泡盛古酒の甕(壺)を5番6番まで用意していたと言います。

一番甕、二番甕、三番甕・・・を用意して仕次ぎしていくのが、伝統技法ではありますが、我が家のように甕(壺)を何個も用意できないこともあるかと思います。
そのような時は、甕(壺)ひとつで充分かと。横に仕次ぎの用の一升瓶を用意しておけば大丈夫です。
美味しく味わった分は、継ぎ足しし、愛情込めて寝かせる。

これで、美味しい泡盛をずーっとずーっとお飲み頂けますよ。

 

▲先頭へ戻る