誕生祝いに、オリジナル木札の壺入り泡盛

生まれてきてくれて、ありがとう

愛するわが子へ。20年後の君へ。
世界にひとつだけの心に残る贈り物。

20年熟成させた泡盛古酒で、20歳の祝杯をあげたい。


泡盛は、時を重ねる程熟成しまろやかに美味しくなります。


子どもの成長と共に熟成する泡盛。


泡盛に、賞味期限はございません。うまく仕次ぎを繰り返すことができれば、何年でも美味しく味わうことができます。
沖縄では、昔から出産のお祝いに泡盛壺を贈る風習があります。
誕生のよろこびを込めた泡盛壺を、大切に大切に保管します。
そして20年後。
わが子が成人を迎えたお祝いを、この泡盛で祝うのです。
20年間熟成させた泡盛で祝杯をあげる時、それは、ご家族皆さまのすばらしき佳き日となるでしょう。
そんな素敵な想像もしながら、世界にひとつだけの<壺入り泡盛>を贈りませんか。

<壺入り泡盛>をオススメする3つの理由

1、いつまでも残る<壺入り泡盛>は、
  誕生記念の品として大変喜ばれております。

沖縄伝統の<壺入り泡盛>。
泡盛は「時を重ねるほど熟成し、円熟味を増す」という特徴を持ったお酒です。
壺貯蔵することによってさらに熟成が進み、旨味が増し、世界にひとつだけの古酒(クース)となります。

数年、数十年と寝かせた秘蔵の古酒を人生の節目に初めて封を開け、
家族や親しい人たちと一緒に味わう。
その熟成古酒の味は、一生忘れられない思い出になります。


愛するわが子への未来への贈り物。20年後の佳き日を夢見て、静かにしっかりと保管します。
「生まれてきてくれて、ありがとう」の気持ちも込め、いつまでも熟成の時を重ねる<記念の壺入り泡盛>を贈りませんか?

2、木札にメッセージを込めた、
  いつまでも心に残る贈りものです。

多良川の<壺入り泡盛>は、オリジナル木札付き。

世界にたったひとつだけ、あなたの気持ちを込めた「オリジナル木札」で、
祝福の気持ちを形にして贈ることができます。


誕生記念の品として、子どもの成長と共に熟成の時を重ねる<壺入り泡盛>をどうぞお使いください。



誕生のよろこびを木札に込めて。
愛する我が子への未来の贈り物。20年後、いっしょに祝杯をあげるその日を夢見て。
木札にお名前、生年月日、体重、身長を入れるのがお勧めです。

3、最も愛されている『琉球王朝』の壺です。

壷の中身は『琉球王朝』。
香味のバランスのとれた飲みやすい旨口で、料理を選ばず何にでもよく合うため、
多良川ブランドの中で最も愛されています。


芳醇な香りと濃厚な味わいが凝縮されたまろみを醸し出す本格派の泡盛。
華やかな香りとキレのある飲みくち、凛とした味わいを堪能頂けます。

<壺入り泡盛>はこちら

▽琉球王朝五升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

五升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】は¥33,000でご案内中。
《送料無料》

琉球王朝五升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

▽琉球王朝五升壺/玉城焼き【オリジナル木札付】

五升壺/玉城焼き【オリジナル木札付】は¥35,000でご案内中。
《送料無料》

琉球王朝五升壺/玉城焼き【オリジナル木札付】

▽琉球王朝三升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

三升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】は¥29,000でご案内中。
《送料無料》

琉球王朝三升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

▽琉球王朝一升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

一升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】は¥10,000でご案内中。
《送料無料》

琉球王朝一升壺/シュロ巻き【オリジナル木札付】

新築祝い、結婚記念、誕生祝い、退職記念、開店祝いなどお祝いの贈り物として大変喜ばれております。

大切な方への贈り物に、心を込めた壺入り泡盛はいかがでしょう。


よくあるご質問<泡盛Q&A>

Q、泡盛ってなぁに?


原料米を、沖縄独自の黒麹菌を用いて麹にし、その全量を一度に仕込んで発酵させ醪(もろみ)を作り、そのもろみを単式蒸留機で1回だけ蒸留したお酒です。
【泡盛の定義】
1、黒麹菌を用いる。
2、仕込みは1回だけの全麹仕込みである。
3、単式蒸留機で蒸留する。


Q、泡盛に賞味期限ってあるの?


泡盛に賞味期限はございません。 時を重ねるほど熟成し円熟味を増します。

Q、泡盛はどうやって保管するの?


基本的に、直射日光のあたらない涼しい場所に置いてください。 何年かに1度は封印を解き、熟成具合及び容量確認をしましょう。
※泡盛古酒作りは「寝かす」というよりむしろ「育てる」もの。時々起こしてあげましょう。愛情かけて手間暇かけて美味しい古酒を楽しんでください。

Q、泡盛と焼酎の違いってなぁに?


全麹仕込み二次仕込みが泡盛と焼酎の大きな違いのひとつです。
泡盛は、原料の米すべてを米麹にし、水と酵母を加えて発酵させます。すべての原料(米)を麹にする。これが全麹仕込みなのです。
一方、一般的な焼酎は、まず米麹あるいは麦麹を作り、それに水と酵母を加えて発酵させ、その途中で主原料となる芋や麦、米、そばなどを仕込んで発酵させます。
これが二次仕込みです。
 

▲先頭へ戻る