720ml・37度


イムゲー、数量限定販売


IMUGE.イムゲー(芋酒)とは。
琉球庶民がこよなく愛した、幻の自家製芋酒。

はるか琉球王朝の時代から庶民に愛され、
明治後期に姿を消してしまったイムゲー(芋酒)。

その幻の酒が、離島の泡盛製造所3社の手により1世紀ぶりに復活。
「イムゲー」は、首里王府の管理下で造られていた泡盛とは異なり、庶民により芋や黒糖で自家用として造られていたお酒です。
酒税法などにより大正・昭和・平成と忘れ去られていたイムゲー(芋酒)、約1世紀ぶりに離島の泡盛酒造蔵元3社の手により復活しました。
現代版にアレンジされた芋酒。名付けて、IMUGE.です。

泡盛でもない焼酎でもない。IMUGEです。

「泡盛」が琉球王朝の文化なら、
「イムゲー」は圧倒的多数の琉球庶民の文化。
この2つがあって初めて、沖縄の酒文化を語ることができるのです。


「IMUGE.イムゲー(芋酒)」と「芋焼酎」は何が違う?

沖縄を代表する「泡盛」は、米の蒸留酒。
かたやIMUGE.(イムゲー)は、甘藷(琉球芋)の蒸留酒。
そうか、芋焼酎か!と思うところですが・・・違うのです。

芋焼酎の造り方
「芋焼酎」は麹に水と酵母を加えて発酵させる一次仕込み、 さらに甘藷(琉球芋)を加えて発酵させる二次仕込みで造られます。


IMUGE.(イムゲー)の造り方
IMUGE.(イムゲー)は二次仕込みの後、さらに黒糖を加えて発酵させる三次仕込みを行います。
イムゲーのこの「甘藷(琉球芋)」に「黒糖」という組み合わせは、 現代ではほかに例がなく画期的といえます。
これによりIMUGE.(イムゲー)ならではの独特の味わいが生まれました。


 
イムゲー材料

多良川のIMUGE.イムゲー(芋酒)の特徴

多良川のイムゲー(芋酒)720ml・37度
透明感のあるのど越し。ほんのり黒糖の香り。

香りの特徴
まずは、カステラのザラメのような香ばしい砂糖の香りがします。
その後、アーモンドのような少しオイリーな香りと、みずみずしい葉野菜のような香り。


味わいの特徴
ファーストアタックは、甘みとアルコールを強く感じます。
その後、黒糖由来の心地よい苦みと、椎茸や昆布の様な旨味が続きます。
口中でコクと辛みが余韻に残り、のど越しはスッキリしています。
甘味と辛みをバランスよく合わせ持った、多良川「IMUGE.(イムゲー)」です。
水割りにすると甘味が軽くなり、ミネラルを感じ、シャープさが引き立ちます。
泡盛多良川の特徴でもある香り・味も、ほのかに感じることができます。



イムゲー水割り



お客様からのレビュー


  • お名前:ギルー
  • (男性)
  • |2019/09/11 22:13:10|
うわさのイムゲーを
イムゲーは沖縄タイムスで知り何処で手に入れるのかが気にはなっておりました。

念願のイムゲーを友達と一緒にオトーリまわします(笑)

  • お名前:みっきょちゃん
  • (男性)
  • 60代以上
  • |2019/09/06 15:35:40|
フェニックスだ。
いつも、メルマガに情報をいただいております。
阪神物産展に他社(石垣島の酒造店)のイムゲー限定100本が
すぐに完売した。
今回多良川産のイムゲーを発注致しました。
大阪で飲むより宮古島のイムギャービーチでオトーリをしたいですね。

  • お名前:釣り友
  • (男性)
  • 60代以上
  • |2019/09/05 16:18:29|
NHKのラジオでイムゲーを知りました。昔の味を現代によみがえらせたとの事で、インターネットで探しました。25度のイムゲーがありましたが、多良川酒造様のホームページを見つけ、ためしに飲んでみたいと思い注文しました。黒糖の香りと味が、特に気に入りました。芋焼酎には無い深い味わいがあります。ストレートで飲むのが一番おいしさが分かります。傍らに水を置いてかわるがわる飲んでいます。しかし、さすがに強い37度のお酒なので、いつもは炭酸割で味わうようにしています。釣った魚をつまみに美味い酒が飲めるうちが花ですね。

先月の人気ランキングベスト7

IMUGE.イムゲー(芋酒)

2,750円(税250円)

琉球王朝 特選古酒

2,750円(税250円)

琉球泡盛 琉球王朝

1,933円(税176円)

長期熟成古酒 久遠

4,191円(税381円)

100% 8年古酒 蔵酒

3,700円(税336円)

 

▲先頭へ戻る